青汁あれこれ

妊婦に必要な葉酸は青汁なら簡単に取れる

妊娠初期に重要なビタミンの葉酸。
妊娠中に葉酸を十分に摂取していないと、胎児の発育に悪影響を与えることがわかっています。
しかし妊娠中はつわりなどで思うように食べ物が摂取できないこともあります。
そこでオススメしたいのが青汁http://xn--a-kb9b083j.com/rank_sogo.html
青汁なら簡単に葉酸を摂取することができます。

【妊娠中赤ちゃんの発育に重要なビタミンの葉酸】
ビタミンB群の葉酸は造血作用があり、DNA(核酸)の合成や分裂に関わるビタミンです。
葉酸が体内でテトラヒドロ葉酸になり、補酵素として機能することで、細胞の代謝が正常に機能します。
妊娠中は体内で新生児のDNAの合成・分裂が活発に行われているため、葉酸が特に必要なのです。
葉酸は体内でも合成されていますが、食べ物からも摂取する必要があります。
葉酸不足になると、新生児が先天性異常である神経管閉鎖障害になるリスクがあります。
しかし、葉酸を十分に摂取することで、発症するリスクを低減できることがわかっています。
そのため厚生労働省は、食事からの摂取に加え、栄養補助食品から1日0.4ミリグラムの葉酸を摂取することを推奨しています。

【青汁なら簡単に葉酸を摂取できる】
葉酸はレバーや緑黄色野菜に多く含まれていますが、妊娠中はつわりの影響で思うように食べ物を摂取できないこともあります。
葉酸は水溶性ビタミンのため、水に溶けて流れてしまいます。
また、熱にも弱いため、食品から1日に必要な葉酸を全て摂取するのは難しいのが実情です。

そこで、簡単に葉酸を摂取できるのが青汁です。
葉酸は青汁の原料であるケール・明日葉・大麦若葉に豊富に含まれています。
粉末を水に溶かして飲むだけで葉酸を摂取することができます。
水に溶いて飲みにくい場合は、牛乳や飲むヨーグルトに溶いて飲むと、飲みやすくなります。
ただし、葉酸を過剰に摂取すると亜鉛の吸収を阻害したり、赤ちゃんが喘息になるリスクが高まるといわれているため、摂取し過ぎには注意しましょう。
葉酸の1日の摂取量上限は1mgです。

ページのトップへ戻る