青汁あれこれ

青汁で便秘解消

健康飲料として昔から人気のある青汁。
今この青汁の便秘解消効果http://www.summerlanguages.com/2.htmlが注目されています。

【青汁が便秘に効く理由】
ケール・大麦青葉・明日葉などの青汁の原料には、腸内の老廃物の排出を促す食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があり、どちらも便秘には効果的です。

●不溶性食物繊維:野菜や穀類・豆類などに含まれます。
水には溶けませんが、水分を吸収し便を大きくして腸のぜんどう運動を活発にすることで便の排出を促進します。

●水溶性食物繊維:海藻や果物、こんにゃくなどに含まれます。
腸内の余分な水分を吸収して便を軟らかくして排出しやすくします。
また善玉菌の餌にもなるので、善玉菌の活動を活性化して腸内環境を整えます。

不溶性・水溶性食物繊維は片方だけの摂取だけでは逆に腸内環境が悪化する可能性があるため、バランス良く摂取することが大切です。
ほとんどの青汁はバランスを考えて作られていますが、知っておくとよいでしょう。

青汁に含まれるオリゴ糖は腸の善玉菌を増殖させ、腸内環境を健やかに保ちます。
善玉菌は乳酸や酢酸といった有機酸をつくり、この有機酸が腸のぜんどう運動を活発にすることで便の排出を促進するのです。
善玉菌は他にも消化の促進や腸の免疫機能の強化といった働きがあります。
青汁に豊富に含まれるビタミンCの便秘解消効果にも注目です。
例えば、ケールにはビタミンCがほうれん草の約8倍も含まれていますが、ビタミンCには善玉菌である乳酸菌を増やす作用があります。

また、青汁にはマグネシウムが含まれています。
マグネシウムには便を軟らかくする効果があり、排便が促進されます。
便秘の症状に酸化マグネシウムを処方されることがあるのはこのためです。

【青汁を飲むタイミング】
便秘解消に食物繊維http://forum.anime-scan.com/06seni.htmlを取る良いタイミングとして、朝の食前が良いと考えられています。
理由は、朝イチの摂取で胃腸が刺激されることと、食物繊維が腸のぜんどう運動を促して排便の刺激につながるからです。

【他の飲み物と合わせて飲む便秘解消法】
飲みにくいといわれている青汁ですが、他の飲み物と合わせて飲むことで飲みやすくなり、便秘解消効果が期待出来ます。
例えば、牛乳は乳糖やオリゴ糖が含まれ腸内の善玉菌を増やします。
バナナは食物繊維が豊富に含まれているほか、オリゴ糖も含まれます。

ページのトップへ戻る