青汁あれこれ

貧血がつらい人におすすめしたい青汁

「めまい」や「倦怠感」といったつらい症状があらわれる貧血。
そんな貧血の予防・改善には青汁がおすすめです。

【貧血が発生するメカニズムとは?】
そもそも貧血は、血液の赤血球に含まれるヘモグロビンの量が減り体内の酸素供給量が低下することで発生する症状です。
貧血の中では鉄分の不足により起こる鉄欠乏性貧血が最も多いです。
鉄欠乏性貧血は、食事の量が減ったり鉄分が少ない偏った食事を続けることで発生します。
男性も貧血になることはありますが、女性の場合は月経により出血するため多くの鉄分を必要とします。
女性の方が貧血になりやすいのはこのためです。
貧血を解消するためには、体内に鉄分を補給することで血中のヘモグロビンをつくる必要があります。

【青汁が貧血解消にオススメな理由】
青汁はケール・明日葉・大麦若葉http://www.printablegreetingcardsonline.com/wakaba.htmlなどの緑葉が原料ですが、これら原料には鉄分を中心に貧血解消に効果がある栄養素が含まれています。
●鉄分
鉄分はヘモグロビンのタンパク質構成成分です。
鉄欠乏性貧血は鉄分の不足が原因のため、解消には鉄分の摂取が欠かせません。
鉄分は動物性食品に多く含まれるヘム鉄と植物性食品に多く含まれる非ヘム鉄がありますが、青汁は植物性のため非ヘム鉄を多く含みます。
●ビタミンC
非ヘム鉄はヘム鉄に比べ吸収率が悪いのが特徴です。
しかし、ビタミンCが腸管でヘム鉄の体内への吸収を高めるため、合わせて摂取しておくことが鉄分の補給には効果的です。
青汁なら鉄分・ビタミンCどちらも豊富に含んでいるため、効率良く体内への鉄分補給ができます。
●葉酸
緑葉野菜に多く含まれるビタミンB群の一種です。
赤血球をつくるために必要なビタミンで、「造血のビタミン」と呼ばれています。
●葉緑素(クロロフィル)
葉緑素に含まれる成分が全身に酸素を届ける役割を果たします。
ヘモグロビンと似た働きで、貧血改善に役立ちます。
鉄欠乏性貧血の解消には食生活の改善が必要ですが、青汁なら手軽に貧血改善に必要な栄養素を摂取できます。

ページのトップへ戻る