青汁あれこれ

青汁で口内炎解消

「痛み」だけではなく、食事も食べづらくなり、精神的にも憂うつになりがちな口内炎。
口内炎解消・予防には手軽に飲める青汁が強い味方です。

【口内炎とは?】
口内炎とは、唇を含む口内の粘膜で発生する炎症性疾患です。
口内にできた傷に細菌が感染することで発生します。
ビタミンB群、とくにビタミンB2が不足すると粘膜の保護機能が弱まり、口内炎になりやすくなります。

【青汁が口内炎予防・解消にオススメな理由】
口内炎は通常1~2週間程度で治りますが、食べることが困難になるほど辛い症状になることもあるので日常生活での予防が大切です。
口内炎にならないようにするには、口内の粘膜を守る働きをするビタミンB群http://www.tupelohallvermont.com/aozir.htmlを補給する必要があります。
そこで口内炎予防・解消にオススメしたいのが青汁です。
青汁はビタミンB群に加え、口内炎を予防する栄養素も含まれているため口内炎の解消・予防に効果的なのです。

・ビタミンB2
発育のビタミンと呼ばれ、細胞の再生やエネルギー代謝を促進します。
口内の粘膜の保護する働きがあります。
・ビタミンB6
皮膚や粘膜を保護し、口内の炎症を抑える働きがあります。
・ビタミンC
口内にできた炎症を治し、細菌に対する抵抗力をつけることで新たな口内炎を予防します。
・β-カロテン(ビタミンA)
粘膜を保護し、炎症を抑える作用があります。
・葉緑素(クロロフィル)
抗酸化作用や殺菌作用があります。

【青汁と合わせて摂取したい食べ物】
バナナはビタミンB6を多く含むため、青汁と合わせて摂取することで症状の改善に役立ちます。
また、バナナはオリゴ糖を多く含みます。
オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善。
ビタミンB群は腸内の善玉菌から合成されるため、体の内側からビタミンB群の補給ができます。
オリゴ糖による腸内環境の改善が口内炎予防に効果があるのです。
また、牛乳を合わせて摂取することもオススメです。
牛乳は青汁を飲みやすくするhttp://juiceboxjungle.com/sss8.htmlだけでなく、口内炎解消に効果があるビタミンB群や粘膜のもとになるタンパク質の補給ができます。

ページのトップへ戻る