青汁あれこれ

青汁を飲んで血液をサラサラに

血液がドロドロになると疲れや病気を引き起こします。
そこでオススメなのが青汁。
青汁は、血液をサラサラにする効果のある栄養素を豊富に含んでいます。

【血液がドロドロになる原因】
食べ過ぎや運動不足・脂肪分のとりすぎといった偏った生活習慣をしていると、血中のコレステロールや中性脂肪が増えます。
コレステロールや中性脂肪・老廃物の多い粘性を持った血液が「ドロドロとした血液」です。
特に悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールは酸化すると血管内にくっついて血行を悪くします。
放っておくと脂質異常症(高脂血症)や動脈硬化につながる可能性があります。
また、血行が悪い状態のため、高血圧の原因になることもあります。

【青汁を飲んで血液をサラサラにする】
青汁には、血液をサラサラにする効果のある水溶性食物繊維、ビタミンやピラジンが含まれています。
水溶性食物繊維は老廃物を吸着して便として一緒に排出する働きがあり、余分なコレステロールや胆汁酸も同様に吸着して排出します。
胆汁酸を排出することで、腸から再吸収される胆汁酸が減少します。
そのため、コレステロールを消費して胆汁酸を体内で合成することで、血中のコレステロールが減少するのです。
青汁に含まれるビタミンB2は 過酸化脂質を分解する働きがあります。
ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEは抗酸化作用があり、動脈硬化に影響する活性酸素の働きを抑制します。
悪玉コレステロールは活性酸素の働きで酸化されることで血管にへばりつき血行を悪くするため、活性酸素の働きを抑えることがサラサラの血液につながるのです。
また、ビタミンEは血管を広げて血行を促進する効果もあります。
香り成分であるピラジンは、血液をサラサラにする効果があります。
血管を塞ぐ「血栓」を予防する作用があるため、血行をよくします。

このように、青汁には血液をサラサラにする効果のある栄養素http://www.siamarsa.org/04.htmlが豊富に含まれています。
青汁を飲んでサラサラの血液を目指しましょう。

ページのトップへ戻る