青汁あれこれ

青汁の代名詞である「ケール」について

青汁の代名詞である「ケールhttp://www.bestlinx.com/kus.html」。
日本ではあまり料理で使われることがないため、キャベツやほうれん草に比べ、手にとる機会は少ない野菜http://www.boilerhouserestaurant.com/vegetables.htmlです。
しかし、ケールは栄養価がとても高く、青汁普及の立役者といっても過言ではない野菜なのです。

【ケールってどんな野菜?】
ケールはアブラナ科の野菜でキャベツやブロッコリーの原種です。
南ヨーロッパ原産で紀元前から存在したといわれています。
栽培は水はけの良い土地が向いています。
日本への伝来時期は正確にはわかっていませんが、1700年代の江戸時代に執筆された「大和本草」にケールらしき野菜の記述が残っているため、その頃には伝来していたと考えられています。
キャベツと違って結球はせず、葉緑素が多いため青々としているのが特徴です。
日本では青汁での使用用途が一般的ですが、ヨーロッパなど世界各国では料理に使われています。

【ケールによって青汁が広まった】
そもそも青汁とは、生野菜を絞った汁のことです。
材料として決まったものがあるわけではありません。
青汁を考案した遠藤仁郎氏が青汁を考案した当初は大根やミツバなどの緑葉野菜が使われていました。
その後、遠藤氏が青汁を安定的に大量供給するためアメリカからケールの種を入手し、栽培したことでケールの青汁が広まるようになりました。
ケールは耐暑性耐寒性があり、育てやすいため安定供給ができるうえに栄養価が高いため、青汁の原料に最適な野菜だったのです。
つまり、ケールは青汁普及の立役者http://www.ableresources.org/10.htmlなのです。

【ケールの驚きの栄養価】
ケールは緑黄色野菜の中でも群を抜いて栄養価が高いことで知られています。
カルシウムを豊富に含み、カルシウム吸収を阻害するシュウ酸が少ないため、摂取したカルシウムを体内で効率よく吸収できます。
また、緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテンやビタミンCが多く、免疫力強化が期待できます。
抗酸化作用のあるポリフェノールも豊富です。
食物繊維も豊富なため、便秘解消やからだの調子を整えるのに役立ちます。

ページのトップへ戻る